cost

費用について

不妊治療は原則的に自費診療となるため、治療費が高額になることによる負担を心配される方も多いと思われます。確かに体外授精は高額になってきますが、効果の低い一般不妊治療を続けることで、逆に時間と費用が量むこともあります。私たちはお一人お一人の状況やご希望をよく伺いながら、時間と費用が最小となるような治療をすすめてまいります。

主な不妊検査 (税抜価格)
超音波検査 ¥ 2,000
各種ホルモン検査[1項目につき] ¥ 2,500
AMH検査 ¥ 7,000
精液検査 ¥ 2,000
卵管通水検査 ¥ 5,000
子宮鏡検査 ¥ 10,000
(税抜価格)
人工授精 [AIH] ¥ 20,000
体外受精 [IVF]  採卵 (税抜価格)
採卵 (1-5個) ¥ 60,000
採卵 (6-10個) ¥ 80,000
採卵 (11個〜) ¥ 100,000
採卵数が0個であった場合の減額 ¥-20,000
3回目以降の採卵の場合の減額 ¥-20,000
静脈麻酔 加算 ¥ 20,000
(税抜価格)
精子調整 ¥ 10,000
受精と培養 (税抜価格)
媒精と培養 ¥ 100,000
顕微授精 加算[1個につき] ¥ 20,000
Rescue ICSI 加算 ¥ 30,000
胚盤胞培養移植 加算 ¥ 30,000
胚盤胞にならなかった場合の減額 ¥-20,000
胚移植 (税抜価格)
新鮮胚移植 ¥ 60,000
融解胚移植 ¥ 100,000
アシステッドハッチング 加算 ¥ 20,000
2段階胚移植 加算 ¥ 20,000
SEET法 加算 ¥ 20,000
3回目以降の胚移植の場合の減額 ¥-20,000
胚凍結 (税抜価格)
胚凍結保存料[1個につき] ¥ 20,000
胚凍結保存の1年間更新料(1〜4個) ¥ 40,000
胚凍結保存の1年間更新料(5〜8個) ¥ 80,000
精子凍結 (税抜価格)
精子凍結保存料 ¥ 30,000
精子凍結保存の1年間更新料 ¥ 30,000
凍結精子融解の融解料 ¥ 10,000

※料金設定は2020年4月現在のものですが、
今後6ヶ月ごとに見直します。